賃貸 微小粉じん(塵)の浮遊速度を計算できます

熱設計、計算に時間をかけてしまっている方へ

御社の熱計算に特化したソフトを製作いたします

HOME > 速算 浮遊速度

以下のような業務をされている方には便利なソフトです

エアー分級装置製作 粉粒体装置製作を行っている方
空気輸送装置の輸送速度計算

浮遊速度の定義は以下のとおりです。

「重力に逆らって、微小粒子が持ち上がるために 最低限必要な風速」

つまり風力分級装置などでは、最低限必要な風速を 計算する必要があります。

ソフトウェア仕様

入力項目と、入力可能範囲

粉じん直径(粒子径) (μm)

0 <=直径<=500(μm)

粉じん材質

鉄、アルミ、銅から選択できます。

出力内容

粉じんの浮遊速度

操作方法

使い方はシンプルです

step0






ソフトウェア

立ち上げ直後の

画面です。



step1






粉じん直径(粒子径)を

入力します。



step2






粉じんの種類(材質)を

選択します。



step3






「浮遊速度 計算」

ボタンを押すと、

浮遊速度が計算されます。



使用にあたって、以下をご理解ください

 1) 粉塵材質は 鉄、アルミ、銅のみ指定できます

材質は主要な金属粉塵のみ扱っております。

2) 粉塵粒子径は0~500(μm)の間でのみ入力できます

粉塵の抗力係数として、Allen, Stokes域を使用している理由で、粒子径に制限があります。

3) 微小粉じんは、完全球体として計算しています

球体の流体抗力の計算により、浮遊速度を計算しています。 機能の制約はお客様のご要望によりカスタマイズ可能です。

カスタム製作はこちらをクリック

「速算 浮遊速度」は使いやすいです

1) 起動まで数秒です

ソフト実行ファイルは容量64KByteなので、アイコンをクリックして起動まですぐです。

2) 表計算ソフトと一緒に使用できます

上記のようにサイズが軽い理由と、

ソフトウェアウインドウサイズが

378×492と小さめなので他のソフトと共に

電卓感覚で使用できます。


3) マウスを使わず入力可能

Tabキーによって、入出力ボックス間を移動できるので、

マウスを使わず、キーボードのみで使用できます。


「速算 浮遊速度」を選ばれる貴方には以下をお読みください

1) 試用版配布中

購入前に、
「どんなソフトか使ってみないと分からない」
「自分のPCで動くか不安」
「計算結果が不明」
などのご意見があると思います。
現在、試用版を配布しております。

2) バグ、動作不良発見時、購入後7日以内全額返金

購入後に、
「ソフトが立ち上がらない」
「動作しない」
「計算結果がおかしい」
などの状態が現れましたら、すぐにご連絡ください。

購入代金に、銀行振り込手数料を加えてお返しいたします。

PageTop

見積 無料熱計算講義

新 着 情 報

代表 新川の著作

購入は以下をクリック

新川智英著作

経済界出版
「大学の理系教科書は
1ページ25万円で売れる!?」

メ ニュ ー

ソ フ ト ウェ ア 一 覧

お 支 払 方 法

領収書発行可能です

各種クレジット払い可能



各種コンビニ払い可能

会 社 概 要




HOME -ソフト一覧 - 熱伝導率 計算 - 管周り熱伝達率 計算 - 金属内 温度変化 計算 - ソフト製作お見積


製作者紹介 - 管内熱伝達率 計算 - 粉じん浮遊速度 計算 - プレート式熱交換器 計算 - 相互リンク


会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ